『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』短評

タラ監督知らないけれども

名だたる作品がある中で『ヘイトフル・エイト』しか見たことがないのに申し上げるのもおこがましい限りですが、正直タランティーノ監督作品といってもピンと来ない自分がいました。
冗長で暴力的という印象があり、勝手に距離を置いてしまっているのです。
しかし、本作は決してそのような決め付けが浅はかだと思えるような作りでした。確かに上映時間は長いが、冗長ではなく、暴力的でもない。

 

明るい芸能の世界にある切なさ

なにに惹かれたか、それは「切なさ」でした。

 

  • 行き詰まった人生と向き合う姿 

リック・ダルトンレオナルド・ディカプリオ)は落ち目の俳優であり、自分の望まない形での出演が増え、あるシーンの撮影では台詞を忘れてしまう。
それでも、次のシーンの撮影ではアドリブも踏まえながら持ち得る力を生かして見事な演技をする。

自分の望むように立ち行かなくなることについては身につまされるような思いで見る年齢になってしまったのだなぁと実感させられる。この気持ちが分かる人こそ見るべきかもしれない。この難局に対してある種自分の経験で乗り切る姿は、レオナルド・ディカプリオの演技力が説得力を持って示しており、こみ上げて来るものさえある。

 

  • 二人の関係性

頼りないリックに対して、クリフ・ブース(ブラッド・ピット)はだけは、専属スタントマンという関係を越えて。優しさという意味で母のような、ぶっきらぼうだけどどこかかわいげがあるところでは弟のようにすら思える。
一方、周りから良く思われていないクリフにたいして、リックは真っ当に接している。

大人になってこのような密接な関係を築くのは一般的には奇異ですけども、そのような関係があること自体はなんとも魅力的。
そしてその関係が金銭的に続かなくなり、そして結果的には終わってしまうことは言葉は足りないかもしれないが「切ない」のである。


衝撃の(?)ラスト

映倫のレーティングがPG12であることからも分かるとおり、結末は意外にもあっさりしています。そのことで、バイオレンス映画へと完全に傾倒することがないため、おだやかな悲しみに包まれます。
ただ、当時の映画への憧憬が深いほど、シャロン・テート(マーゴット・ロビー)にも感情移入できるのでしょうから、私のような一見さんには敷居が高いかなぁとも思わさせられました。

思いつきで見ただけでしたがばっちり揺さぶられ、個人的には意外な印象でした。

『記憶にございません!』短評

優しい世界

三谷幸喜作品らしい笑いは要所要所で描かれています。ただ、アメリカ大統領(木村佳乃)の演説しかり、黒幕の小物感しかり、対立軸に深入りしていません。見やすいとはいえますが、なぜ政治を舞台にした作品を描いたのかよく分からないまま、設定の大きさの割には特段カタルシスなく終わった印象です。

大きなことを成し遂げるためには、まずは身近なところを幸せにするところから始まる、ということはいえるかもしれません。

 

三谷作品への期待

初期の三谷監督作が大好きです。
一つのそこまで大きくない世界の中で、一つ一つのキャラクターをうまく繋げ、きれいな着地点に持っていく。ここ最近はそういう作風がなりを潜めています。それでも何か期待をして、毎度見に行ってしまいます。三谷脚本の舞台を見に行けば良いのでしょうか?

政界もこれをやって終わり、という世界ではありませんから、私が勝手に期待する作品像にはどうしてもなりえません。

 

政治的に正しい政治映画

思うに政治と大衆向けのコメディって、なかなか食い合わせが悪いですね。

政策的な成功を描くと政治色が強くなり、コメディにはなりません。本作で言及された政策は下記の通りですが、あくまで民に寄り添う姿勢を示すにとどまります。
・無駄な箱物をやめる
・消費減税を、法人増税により賄う
・米国から日本の農作物を守る

一方で、権謀術数を描くのは「身軽な」政治家像=記憶をなくした黒田総理(中井貴一)との両立が難しい。そもそも、権謀術数は十分『清須会議』の豊臣秀吉大泉洋)で描写済みです。

結果的に「政治的に正しい」=穏当な作品に落ち着くのは設定上やむを得ないとしか言いようがないですから、それでもある程度楽しめる作品になっていることは評価されるべきことでしょう。


最後に余談ですが、低支持率首相を描いた三谷脚本のドラマ『総理と呼ばないで』が、どのような帰結なのかは気になりました。

 

『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』短評

パリ人肉事件のことすら知らず、ちょうど時間つぶしになる時刻に上映していたというだけで本作を拝見。途中で退出した観客がいたが、中盤のある描写は確かに私も面食らいました。

一見、おとなしく過去の人の今を映すだけかと思いきや、突如、人の裏側を映す恐ろしさを持つ映画です。そして、そのことさえ佐川一政氏は驚きもしないことには、恐ろしいというより異質な生物だと感じて思考を止めてしまうだけである。

「悪」というものがあったとして、それ以外は相対的に「善」と捉えてしまうとか、目の前でよき行いをしている人を「善」と捉えてしまうとか。

相対的に物事を見ていても、それだけでは表層を見ているにすぎないということを実感させられる作品でした。

『天気の子』短評

初日一斉上映の一環で、池袋のグランドシネマサンシャインにおいて拝見した新海誠監督最新作。

IMAXシアターで見てよかったと思えるような、映像面ではいつもどおり見事なクオリティでした。

 

東京の怖さと街宣広告描写

主人公である帆高(声:醍醐虎太朗)は16歳の少年。彼が家出して仕事を探す場面。東京が怖いと称していたのは、いくらなんでも見通しが甘いのではと思ってしまいます。

 

むしろ指摘したいのは風俗業勧誘トラックを文言違えず登場させたところです。

あの手のトラックは音が大きく近くを通ると頭に刷り込まれ、興味のない人にとっては暴力的である思えます。

一方、本作は一瞬だとしても映画館という視覚聴覚的にほぼシャットアウトできないところで流れるわけで、ここで現実と同じ様な体験をすることになろうとはと感じさせられます。

これは東京(繁華街)の怖さを映画として体験させられるわけで、不快だけども笑いそうになる興味深い経験でした。


帆高が選んだ結末

(展開のネタバレはないですが、これから見る方は読まない方が無難です)

 

帆高は世の中と自分の思いを比較して、前者を選ぶような人ではないでしょう。話の展開上、そして主人公として、彼のとった行動は(その経過の違法性とかは除外して)おかしいことではないと言えます。

しかしそれは作品が脳天気なセカイ系となることに繋がるわけです。これを夏の話題作として見ることになろうとは。

そして京都アニメーションが壊滅的被害を被り、『涼宮ハルヒの憂鬱』に楽しんだ者として悲嘆に暮れた翌日にこのような作品と向き合うことになろうとは。

妙な巡り合わせだと感じたのでした。

グランドシネマサンシャイン開業

7月19日、池袋のグランドシネマサンシャインの開業日に訪問しました。

 

f:id:eigabeta:20190720063054j:image

外観。朝8時半頃。

表側、Q plaza と書かれた入り口付近では、開業イベントの準備が行われていました。

 

4階から5階 ロビー

f:id:eigabeta:20190720063342j:image

4階ロビーおよび5階。

 

f:id:eigabeta:20190720064032j:image

4階案内表示とフライヤー置き場。

この左手にグッズ売り場。その奥の待合席は窓側のカウンター席にいくつかコンセントがありました。

 

f:id:eigabeta:20190720063704j:image

5階カフェ、クラッパーズダイナー。

 

12階 IMAXシアター

f:id:eigabeta:20190720064615j:image

エスカレーターで12階に上がると、天井の大画面が目に飛び込んできます。

 

f:id:eigabeta:20190720064714j:image

12階。IMAXシアター入り口。

 

f:id:eigabeta:20190720064824j:image

IMAXシアター内部。

大きさのあまり、手元のカメラでは撮りきれないほど。

 

f:id:eigabeta:20190720065056j:image

f:id:eigabeta:20190720065741j:image

映画鑑賞直後、外の明るさを感じるのは新鮮。

朝は曇り空だったのですが、『天気の子』初回一斉上映後は青空を拝めました。

 

f:id:eigabeta:20190720065229j:image

写真奥は12階レストラン、バールパノーラマ。

写真右手奥の席を確保してから注文するタイプ。

 

f:id:eigabeta:20190720070751j:image

席で食べましたが、場内に持ち込める軽食も販売しています。

 

その他の写真

f:id:eigabeta:20190720065909j:image
f:id:eigabeta:20190720065900j:image
f:id:eigabeta:20190720065906j:image
f:id:eigabeta:20190720065903j:image

4階に書かれた代表の言葉の通り、映画との出会いや、交流の場となっていくことになるでしょう。

 

※上記内容は初日のものです。今後仕様変更等あるかもしれませんがその点はフォローできませんのでご理解ください。